直毛ミニマリスト 地味に見える問題 – 生きる歯ごたえ

直毛ミニマリスト 地味に見える問題

「ゆるふわ」「トップにボリューム」「空気感」「やわらかさ」
ヘアスタイリング界隈でよく目にするワードですが、
直毛のみなさまにおかれましては「はぁぁ!!」ってなりませんか?

批判でも何でなくて、その現象が我が髪において起こり得ないんですよ。

かくいう私も直毛の部類でして、髪を伸ばすと、そこはかとない
V系感やホスト感が出てしまい、無駄にメンヘライケメン崩れみたいになります。

という訳で、「前髪を流す」の意味が30歳近くなるまで理解できませんでした。
「え?流れる訳なくない?」「くせづけスタイリング剤とか詐欺じゃん?」
ぐらいに思ってました。
「流れる髪質」と「流れない髪質」があることを分かってなかったんですね。

前髪すら流せない、ヘアアレンジしたところで毛先はシャキーンってなる、
服装もミニマリストならとにかく地味にしか見えない。

そんな直毛歴30数年の私の髪に関する地味さ解消の現時点での結論と、
これまでの試行錯誤をお話します。

結論:インナーカラー入れましょう

なぜ、全体カラーではなくインナーカラーなのか?

  • 根元が伸びてもプリンが目立たない
  • 頻繁にリタッチするコストがかからない
  • 職場の規定でカラーNGでも多少隠せる
  • セルフカラー(ブリーチ含む)でも失敗が目立ちにくい

ミニマリストの方々は、服装もシンプルな物を着ることが多くなりますよね。
しかも、アクセサリーの類も極力持ちたくないとなると、
派手さや遊び心を演出するなら髪、しかも直毛ならカラーしかないな、
という結論に至りました。
(ミニマリスト極めてスキンヘッドにしてる人は除く)

さらに、うつ病やら何かしら精神疾患あると、
定期的な自分のメンテナンスがやってられない時があります。
むしろやる気が出た時だけやる人生です。

なので、なるべく放置できることが重要になります。
という意味でインナーカラーは最強
退色が汚くならないカラーを選ぶとなお良し。

セルフカラーで使っているもの

  • ビビッド ホイップ ハイブリーチ(イリヤ コスメティクス)
  • ポイントカラークリーム(Beauteen/hoyu)
  • カラーシャンプー(got2b/ヘンケルジャパン)

ブリーチ毛とカラー後の仕上がりの様子はこちら
直毛ミニマリスト 地味に見える問題

市販の家庭用のブリーチを3つぐらい使いましたが、
色抜けがイマイチで4回ほど抜かないと色が入りませんでした。

サロン用の「ビビッド ホイップ ハイブリーチ」をドンキで買ってみたら、
びっくりするくらい1回で抜けました。
かなり刺激臭が強いので、換気はしっかり行ってください。
また、元々サロン用に作られているので効果が強いです。
取扱説明書をよく読んで、正しく扱ってください。

「ポイントカラークリーム」は色持ちはあまり良くないのですが、
退色が汚くなく、いい感じの薄緑みたいになるので染めたてより
ちょっと落ちてきたぐらいの方が「いい色だね」と人から言われます。

染める髪の量がブリーチしてる部分だけなので、1年ぐらいちょこちょこ使ってます。
1回で使い切りのカラー剤はインナーカラーには量が多すぎる割に
3週間ぐらいで色落ちするのであまりコスパは良くないです。

ポイントカラークリーム使い切ったら、マニパニ買ってみようと思います。

紫のカラーシャンプー(ムラシャン)はブリーチの黄ばみを抑えるために一応使ってますが、
シャンプーとしての洗浄力はあまりないので、使っても使わなくてもいいかな~という印象。

よりきれいに寒色系のカラーを保ちたいなら使ってみるのをおすすめします。
ブリーチしてても、ピンクやオレンジなど暖色系カラーならいらないです。

エクステは衛生感覚と好みが分かれる

シールエクステをインナーカラー的に耳周りに付けてた時期もありますが、
根元が洗いにくいため、痒みも出てくるし、感覚的に不衛生感があって
2ヶ月ぐらいでやめました。

地毛をブリーチしなくても派手な色を入れられるので、
頻繁にカラーを変えたい人には便利かもしれませんが、
常に多少は地肌が引っ張られる感があり、装着感の好みが分かれると思います。

特に、感覚過敏がある人にはおすすめしません。

エクステの装着感に抵抗がない方は、
地毛はボブにしてガンガン襟足総エクステでウェーブやカールのロングヘアを楽しめるので、髪型の幅は広がります。おめでとう

直毛は地味見え確定?

「あの娘ぼくがデジパ当てたらどんな顔するだろう」

直毛に飽きた10代の頃、地味な印象を変えてみたいと思い、
人生初のパーマを当ててみました。

結果、全く再現できずに何も変わりませんでした。
当時、セミロングだったので、ふつーにかかってれば再現できたであろうと思いますが、
いわゆるコールドパーマはかからない髪質だったんだと知りました。

社会人になってから「デジタルパーマ」という技術が流行りまして、
これはパーマのかかりにくい私でもできるのでは!と美容院を訪ねたのです。

しかし、現実は厳しい。

「ヘアカタログにあるような大きめのカールでふんわり巻いた髪型は全てコテ(アイロン)で巻いてあり、パーマでそれを出すのは難しいです。
あなたの髪質では取れやすいのできつめにかけるしかないです。」
と美容師に言われる始末。

岡村靖幸「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」状態
できつめにかけるしかないんですよ。(避けられないバブル感)
そんな頭で工場で派遣の事務やってて、上着だけ地味な作業着着てた頃が懐かしい。
(偶然にも岡村ちゃんファンが職場にいたので「岡村会」って集まりを社食で繰り広げていた)

岡村ちゃんになる数年前、セミロングだった頃は
あご下~毛先だけにデジパかけてて、顔周りはスッキリしていたのですが、
ミディアム~長めボブだと必然的に巻きが顔周りに集中するので岡村化する。

猫毛直毛の友人

友人は薄毛ではないのですが、頭頂部がペタッとしやすく、常にパーマを当てていました。
ゆるふわとかじゃなくクリンクリンのやつ。私の岡村状態よりさらにクルクル。

で、そのヘアスタイルに至った理由を話してくれたんですが、
大学時代に黒髪ストレートのロングヘアにしてたら大人しそうに見えるせいで
変な宗教の勧誘が多かったと。

そのせいで常にカラーかパーマのどっちかをやるしかねえ!
という生存戦略を取ってからは、舐められにくくなったそうです。

とはいえ、彼女もパーマがかかりにくい髪質。
美容院では一番強い薬剤を使い、放置時間も規定より長いので、
ダメージは蓄積してると言ってました。

直毛が地味に見える理由

  • シルエットがコンパクトに収まってる
  • 良くも悪くも顔面という素材が全面に出て誤魔化しがきかない

この2点が大きいと思います。
誤魔化しって本当に大きいですよね。
ド派手なドレスとメイクのキャバ嬢がスキンヘッドだったら、
当然盛りヘアより地味に見えるはず。

東洋人は平面的な顔の人が多いですから、
髪型で立体的に見せないと地味になるのは必然とも言えます。
それらが劣った特徴なんて言うつもりは全くないですが、
つるん・すとんとした印象になるのは事実ですね。ミニマム

「ヘアアレンジにより直毛感が余計目立つ問題」もあると感じていて、
分かりやすいのが「硬そうなくるりんぱ」

直毛がくるりんぱするなとは言いませんが、くるりんぱの目的として、
普通のハーフアップよりひねりを入れて柔らかさを出す、というのがあるとします。
ところが直毛がくるりんぱしてしまうと、余計に直毛感が目立ち、
髪引っ張られてる感というか、痛そうに見えるのです。

ヘアアレンジあるあるの「全体をゆるく巻いてから」も我々直毛には通用しません。
柔らかさはヘアアレンジやスタイリングで簡単に出せるようなもんじゃない、
と気づいてからは、無駄な抵抗は諦めました。

髪の柔らかさを多少出すために気にするのは、
パツパツした直線的な毛先のカットをオーダーしないこと、
乾かし方で丸みが出せるように長さはショートもしくはボブにする、ぐらいですね。

ヘアケア用品はこれだけで十分

  • ドライヤー
  • ストレート/カール兼用アイロン(コテ)
  • ブラシ
  • バーム
  • ドンキで買ったてきとうなシャンプー/コンディショナー(トリートメント)
  • プラゴミ削減をがんばる時期はRUSHの固形シャンプーバー

オイル、アウトバストリートメント、フォームだの使ってた頃もありましたが
直毛に動きやしなやかさを出すという目的は果たせませんでした。

買い替えたヘアアイロンは3台目になりますが、前述の通りただの1度も前髪は流れはしません。
(ロールブラシ×ドライヤーでも、マジックカーラーでも同じ)

「カール専用のアイロンは直毛には無用の長物である。」と気づいてからは、
ストレートとカール両方使えるモッズヘアの25㎜のアイロン1台に落ち着きました。
(主にアホ毛と寝ぐせ直し専用であり、おしゃれ目的ではない)

モッズヘア マイナスイオン2WAYアイロン[25mm/交流(コード)式/国内・海外対応] MHI-2586-W

価格:5,900円
(2021/10/10 15:12時点)
感想(0件)

ワックスではなく、バームを使う理由ですが、
ワックスぐらいで動きが出せない髪質なので、ホールド力を求めなくなったから。

バームだとバサッと広がりがちな髪を落ち着けることができるし、
ワックスのようなギトギト感もなく、
使った後も手を洗わずにハンドクリーム感覚で保湿できるのが楽。

直毛さんが髪どうしたらいいか分からん!
何やっても変わった気がしないが手入れしてる感は出したい!

そんな場合は、美容系YouTuberの髪の乾かし方動画見て練習するのが最もコスパ良いかと。

意識高いヘアアレンジだの小細工をがんばる気力はないので、
日常的にやらないといけない「髪を乾かす行為」に
多少のスタイリングを兼ねるのが私の髪に使える最低限の脳のリソース。

ヘアケア用品とは異なりますが、ヘアアクセサリーの類もミニマリストになってからは買ってません。
普段使うのは結局シンプルなヘアゴムとピンぐらいですし、
プラスチックや強度の低い金属のヘアアクセサリーはすぐ壊れるんでコスパ悪いです。
服装に合わせてどれ使うか考える時間と脳のリソースが足りない。
あと、消耗品の割に100均以外では意外と高い。
(プラスチックのクリップ1500円ぐらいする、アホか)

シャンプーごときで髪質は変わらない

ドラックストアに行けば、やれ髪質改善だの、柔らかくなるだの、スタイリングしやすい髪になるだの…
直毛にちょっと夢を見させてくれるようなシャンプーが出回っておりますが、
いくつか使ってみた実感としては、ぶっちゃけどれ使っても大して変わりません。

そもそも髪なんてタンパク質なんだから、
シャンプーごときでタンパク質変性起こしたら怖いわ。
そんなん市販すんなやって話ですよね。
美容皮膚科の処方薬をスキンケアコーナーで市販するようなものです。

そんな薬剤レベルのシャンプーを洗い流す時に、
全裸で顔やら全身にバッシャバシャ流し水かかってるなんて冷静に考えたらヤバい。

なぜ若い頃は期待してしまったのか?
あのシャンプーも、このシャンプーも私の髪をかわいくしてくれない!
と憤った日々の情弱さよ。

今となっては、生活用品が減ってきたらドンキにふらーと入って
安くなってるシャンプーを何のこだわりもなく買います。
迷いゼロ。ストレスゼロ。
98円の「シルク」でも髪質が悪化した実感はないです。

まとめ

直毛でミニマリストだと地味見え確定
直毛がヘアアレンジやスタイリング頑張ってもあんま変わらない
デジパなら動きは出せるけど岡村になる
遊び心や派手さを出すならインナーカラー
シャンプーで髪質は変わらない

以上、直毛さんにとってはちょっと夢のない話ではありますが、
効果の出ないヘアケア用品や美容院の施術にだらだらと課金するよりは、
直毛を受け入れて、せめてカラーで遊んでいきましょうよ!という提案でした。


marizawa

人生に飽きっぽくて、生きる歯ごたえを探しながら生きてます。 少ない労働と少ない消費で生き延びつつ、FIRE目指して準備中。 副業歴はブログ3回ほど挫折、DIYのYouTubeチャンネル開設(更新少ないけど継続中)、今4度目のブログ。 投資歴はFX1年ほど(休止中)、積立NISAと積立仮想通貨1年目。 発達障害(ASD)傾向ありのうつ病 【Twitter】@85_tae 【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UC27zMz4qKnEprx8ohPzVpGg?view_as=subscriber

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2021年10月18日

    […] セルフで使ってるカラー剤、ブリーチ、ムラシャンについて書いてる記事はこちら直毛ミニマリスト 地味に見える問題 […]